B型肝炎訴訟・給付金請求 ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所 B型肝炎訴訟 給付金請求

(2019年05月現在)
109,144
11,627

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベスト法律事務所までご相談ください。

メールでのお問合せはこちらをクリック
電話でのお問合せは0120-882-036
ベリーベスト法律事務所

B型肝炎訴訟 ベリーベストが選ばれる5つの理由

1. 相談料・調査費・着手金無料、 完全成功報酬制

ご相談、調査費用、着手金は無料。弁護士費用は、国との和解後に、給付金の17%+6万円を頂いておりますので、最初に大きな費用負担はございません。国から4%が支給されますので、実質負担額は13%+6万円(税別)となります。
※ただし、裁判所に納める印紙代と切手代は、別途必要となります。
※事案の内容によっては、弁護士費用が変わる可能性がございます。詳しくは弁護士へお尋ねください。

2. 肝臓専門医療機関との連携による充実した体制

ベリーベストでは、肝臓専門医療機関との連携により、解決実績が豊富な弁護士がB型肝炎専門チームを組んでカルテ等を精査するなど、充実した体制で給付金請求をサポートします。

3. 最短期間での給付金の受取りを目指し、書類収集をサポート

徹底した効率化により、最短期間での給付金の受取りを目指します。また、最も難しいとされるカルテの収集についても、B型肝炎専門チームがお客様ごとに応じた個別のアドバイス・サポートし、必要書類をスピーディーに収集できるように全力を尽くします。

4. 裁判の手続きもしっかりサポート

多くの方は、裁判をすることに抵抗があるかと思います。ベリーベストでは、以下の裁判手続きから給付金の請求・受取りまでのすべてを対応致しますので、原則、お客様にご負担をおかけすることはございません。

5. B型肝炎専門チーム+約180名の弁護士がサポート

ベリーベストでは、B型肝炎専門チームの弁護士とスタッフが案件を対応させていただきます。B型肝炎専門チームでは、様々なご相談に的確にお応えするために、過去の事例、ノウハウを各弁護士とスタッフが共有し、よりレベルの高いリーガルサービスを目指し取り組んでいます。また、全国の拠点の弁護士も含め、約180名の弁護士と連携が取れる体制が整っております。

お客様の声

50代女性  無症候性キャリア

初めての相談で、何をどうすれば良いのか分からず、少しドキドキしながら電話でお願いしましたが、いつも丁寧で優しく説明していただき安心致しました。ありがとうございました。

40代女性  無症候性キャリア

どうなるか不安でしたが、道筋をわかりやすく説明して下さったので安心してお任せできました。早目にご相談してよかったと思っています。

60代男性  家族がB型肝炎で死去

担当弁護士の対応も懇切丁寧で安心できました。事務員の担当の方も書類の揃え方など親切に説明頂き、意外と手間もかからず取り揃えることができました。ありがとうございました。

50代男性  肝硬変

病院からの通知でB型肝炎と知りショックを受けていたところ、偶然に貴事務所のチラシを見て相談をしました。担当者には親切に説明して頂き大変満足しています。

30代女性  無症候性キャリア

一人で悩んでいた時、新聞で広告を見つけて連絡しました。解決への道がみえてきたこと、弁護士さんに相談できたことで今は安心しています。説明が丁寧で分かりやすかったです。

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベスト法律事務所までご相談ください。

メールでのお問合せはこちらをクリック
電話でのお問合せは0120-882-036
ベリーベスト法律事務所

B型肝炎 給付金について

給付についての法律 (特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法) の効力が、2022年1月12日までとされているため、 2022年1月12日までに請求する必要があります!!
※2016年5月13日、B型肝炎救済、請求期限5年の延長が決まり、期限が2022年1月12日までとなりました。

B型肝炎の給付金支給の対象となる方は、大きく分けて以下のケースがあります。

一次感染者

一次感染者とは、対象期間(1948年7月1日~1988年1月27日)に集団予防接種等を受け、B型肝炎ウイルスに持続感染している方の事を指します。 B型肝炎の症状を発症していない方(無症候性キャリア)も対象となります。 対象期間とは、国が集団予防接種等で注射器(注射針や注射筒)の使い回しを行っていた期間です。この期間に集団予防接種等を受けた方は、誰でも感染被害者である可能性があります。

一次感染者であることを証明するための要件

集団予防接種等により、直接B型肝炎ウイルスに持続感染した方(一次感染者)の認定については、以下の要件をすべて満たすことが必要です。

1B型肝炎ウイルスに持続感染していること

2満7歳になるまでに集団予防接種等を受けていること ※予防接種およびツベルクリン反応検査

30歳から満7歳までに集団予防接種等を受けたことが、母子手帳や接種痕等で確認できる方

4母子感染でないこと

5その他集団予防接種等以外の感染原因がないこと

二次感染者

二次感染者とは、母親から子供へ感染(母子感染)した方です。母子感染でB型肝炎給付金の請求を行う場合、母親が一次感染者として認められている必要があります。二次感染者の場合、ご自身がB型肝炎に感染していることが分かり、調べてみたら母親も、兄弟・姉妹もB型肝炎だった、というケースが多いです。
ご家族も感染していた場合、ご家族まとめてのB型肝炎訴訟をおすすめいたします。

二次感染者であることを証明するための要件

一次感染者である母親からの母子感染によりB型肝炎ウイルスに持続感染した方(二次感染者)については、以下の要件をすべて満たすことが必要です。

1原告の母親が上記の一次感染者の要件をすべて満たすこと

2原告がB型肝炎ウイルスに持続感染していること

3母子感染であること

ご遺族の方(相続人)

B型肝炎が原因で亡くなってしまった方については、亡くなった方に代わり、ご遺族(相続人)の方がB型肝炎給付金の訴訟を起こすことができます。亡くなっているからと諦めることなく、給付金の請求を行いましょう。

追加給付金請求

過去に国と和解した方の病態が進行し、和解時よりも重い病態になった時には、所定の診断書提出などの手続きを行うことにより、国との和解時に受けとった給付金との「差額」が受けとれます。

給付金額

対象者又はその相続人の方は、確定判決又は和解調書等を社会保険診療報酬支払基金に提出し、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等を請求します。特定B型肝炎ウイルス感染者給付金の額は以下のとおりです。

病態等 給付金額
死亡・肝がん・肝硬変(重度)(発症後20年を経過していない方) 3600万円
死亡・肝がん・肝硬変(重度)(発症後20年以上経過している方) 900万円
肝硬変(軽度)(発症後20年を経過していない方) 2500万円
肝硬変(軽度)(発症後20年以上経過した方で、現在も治療を受けている方等) 600万円
肝硬変(軽度)(発症後20年以上経過した方で、現在は治癒している方) 300万円
慢性B型肝炎(発症後20年を経過していない方) 1250万円
慢性B型肝炎(発症後20年以上経過した方で、現在も治療を受けている方等) 300万円
慢性B型肝炎(発症後20年以上経過した方で、現在は治癒している方) 150万円
無症候性キャリア(感染後20年以上経過した方) 50万円

※除斥期間とは,民法724条に記載があり「不法行為の時」から20年間を経過すると、損害賠償請求権が消滅することになっております。B型肝炎訴訟では、除斥期間の起算点(「不法行為の時」)については、無症候性キャリアの方については集団予防接種等を受けた日になりますが、 慢性肝炎を発症した方の起算点は、その症状が発症した日になります。

※定期検査費として別途「慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費」、「母子感染防止のための医療費」、「世帯内感染防止のための医療費」、「定期検査手当」が支給されます。

B型肝炎訴訟 給付金を受け取るには

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るには、大きく以下のステップが必要になります。

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るステップ

B型肝炎提訴の準備から、給付金等の支給に至るまでの流れ

給付金等の支給に至るまでの流れ

  1. 医療記録等(証拠)の請求
  2. 各種医療記録等(証拠)の提出
  3. 国を被告として、国家賠償請求訴訟を提起
    • 給付金支給要件を満たしていることおよび病態を証明するため、医療機関などから必要な証拠を収集し、国を被告として、裁判所に国家賠償請求訴訟を提起する必要があります。
  4. 和解協議手続き、和解成立(和解調書の作成)
    • 裁判所の仲介の下、和解協議を行います。その過程で、必要に応じて、国から原告の方に追加証拠の提出を求めることがあります。その際には、必要な証拠を追加提出する必要があります。救済要件を満たしていることが証拠によって確認できた後、国との間で和解調書を取り交わします。(和解の成立)
  5. 社会保険診療報酬支払基金への給付金等の支給の請求
  6. 給付金等の支給
    • 和解成立後、社会保険診療報酬支払基金に給付金等の支給の請求を行い、給付金等が支給されます。

B型肝炎訴訟 相談から解決までの流れ

STEP.1ご連絡・ご相談

まずは、お電話かメールでベリーベスト法律事務所までご連絡ください。
担当の弁護士が無料でご相談に応じます。

STEP.2証拠収集

お客様に応じて、必要な証拠書類を収集していただきます。
※収集いただいた資料を元に給付金請求の可否を判断させていただきます。

STEP.3契約

提訴手続きのため、ベリーベストと契約を締結させていただきます。
※この段階での弁護士費用の発生はございません。

STEP.4裁判所への提訴・和解

弁護士が訴状を作成し、裁判所に提出した後、お客様の症状に応じた金額が決定します。国との合意内容を記載した和解調書が作成されます。
※訴訟手続は、全てベリーベストの弁護士が代行いたします。

GOAL給付金受取り

ベリーベストが、社会保険診療報酬支払基金に必要書類を提出し、お客様ご指定の口座にお振込致します。
※ベリーベストが給付金を受け取った後、弁護士費用等を差し引いた金額をお客様にご返戻いたします。

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベスト法律事務所までご相談ください。

メールでのお問合せはこちらをクリック
電話でのお問合せは0120-882-036
ベリーベスト法律事務所

B型肝炎訴訟 料金案内

相談料

0円

調査費・着手金

0円

弁護士費用の実質負担給付金額の

13%+6万円

※弁護士費用等の記載は全て別途消費税加算とし、弁護士報酬が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所の展開エリア

全国展開・いつでもどなたでもご相談いただけます

ベリーベスト法律事務所 [東京]

〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [札幌]

〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目2番 井門札幌ビル9階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [仙台]

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-2-20 KDX仙台ビル2階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [水戸]

〒310-0062 茨城県水戸市大町1丁目2-40 朝日生命水戸ビル4階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [宇都宮]

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央一丁目1番1号 宇都宮アクシスビル3階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [高崎]

〒370-0824 群馬県高崎市田町57番地1 太陽生命高崎ビル7階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [大宮]

〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町三丁目42番5号 太陽生命大宮ビル9階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [川越]

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町1番地3 グランベル川越8階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [千葉]

〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-3-1 塚本大千葉ビル9階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [船橋]

〒273-0005 千葉県船橋市本町7丁目11番5号 KDX船橋ビル6階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [柏]

〒277-0842 千葉県柏市末広町7番3号 柏第一生命ビルディング4階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [新宿]

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビルディング新館8階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [町田]

〒194-0021 東京都町田市中町1丁目3-2 シェル都Ⅰ 301

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [立川]

〒190-0012 東京都立川市曙町2-37-7 コアシティ立川11階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [川崎]

〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子二丁目11番29号 平松川崎ビル5階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [横浜]

〒220-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-8 アサヒビルヂング10階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [湘南藤沢]

〒251-0054 神奈川県藤沢市朝日町10-7 森谷産業旭ビル5階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [新潟]

〒950-0087 新潟市中央区東大通2-5-8 東大通野村ビル2F

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [金沢]

〒920-0869 石川県金沢市上堤町1-12 金沢南町ビルディング 4階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [静岡]

〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町14番25号 エスパティオ7階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [名古屋]

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22番8号 大東海ビル2階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [京都]

〒604-8152 京都府京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル2階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [大阪]

〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビル2階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [堺]

〒590-0075 大阪府堺市堺区南花田口町2丁3番20号 三共堺東ビル2階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [岸和田]

〒596-0054 大阪府岸和田市宮本町27-1 泉州ビル3階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [神戸]

〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町69 三宮第一生命ビルディング12階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [岡山]

〒700-0821 岡山県岡山市北区中山下1-9-40 新岡山ビル7階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [広島]

〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀15-6 広島ちゅうぎんビル5階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [松山]

〒790-0003 愛媛県松山市三番町4-11-1 住友生命松山三番町ビル4階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [北九州]

〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町2-7-8 小倉ビル8階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [福岡]

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目14番16号 博多駅前センタービル8階

地図を見る

ベリーベスト法律事務所 [那覇]

〒900‐0015 沖縄県那覇市久茂地2丁目8番1号 JEI那覇ビル5F

地図を見る

相談料・調査費用は一切無料です。ベリーベスト法律事務所までご相談ください。

メールでのお問合せはこちらをクリック
電話でのお問合せは0120-882-036
ベリーベスト法律事務所

go top

法人 ベリーベスト弁護士法人
主事務所 ベリーベスト法律事務所
所属 第一東京弁護士会
代表弁護士 萩原 達也(第一東京弁護士会)
住所 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
電話番号 0120-882-036